2011年05月05日

菅直人は誠意をもった謝辞が必要

東日本大震災の遺体の捜索や収容にあたっている自衛隊員から悲痛の叫びが出てきましたね。

中には、被災地での再活動を止めたいがために、ビデオ店で下半身露出して現行犯逮捕されるどの奇行が出ているのには驚きましたね。

更に「涙が止まらない」「現場の光景がフラッシュバックする」といったPTSDに似た症状を訴える声も出ているのには心が痛みますね。

この連休中、東北自動車道をひたすら走る自衛隊員をパーキングで見かけたので「辛いでしょうけど、頑張って下さい」と言ったら、屈託のない笑顔で「ありがとう」と言ってくれたのには感動させられました。これから、どれだけ辛い作業をしなければいけないのに嫌な顔一つしなかったのには驚きました。

首相である菅直人はこういうことを知っているんでしょうかね。知らないでしょうね。でなければ「私も一生懸命頑張っている」なんて言葉を発しないでしょうからね。

菅直人は再度現地へ行って、自衛隊員はじめ海上保安官、警官に面前と謝辞を述べるべきです。


yukichan131005 at 23:18 この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク



【今、人気話題の商品】

【人気の宿】



My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング





このエントリーを含むはてなブックマーク
テクノラティ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)